カナダで幼児教育

カナダのトロントでワーホリ終了後にカレッジで幼児教育の勉強をしました。現在オンタリオ州のRECEとして働いています。 Twitter: @mariaincanada

カナダの年金制度についてリサーチしてみました。

f:id:mariamaria0510:20220810234504j:image

前回の記事では老後の為に貯金するべきなのか思いを巡らしましたが、今回はカナダの年金制度についてリサーチしてみました。

mariamaria0510.hatenablog.com

ちなみに私がRRSPとTFSAを開設しているWealth SimpleのウェブサイトにRetirement Calculatorがあるので参考に使ってみて下さい☺️

www.wealthsimple.com

まずは幾らくらい年金をもらえるのかについて調べてみます。

① CPP

カナダにはCPP(Canada Pension Plan)という制度があります。今、現役でカナダで働いているみなさんは毎月自動的にペイチェックからCPPが引かれているはずです。下の政府のウェブサイトによると、もらえる額は勤務年数、収入、受給開始年齢などによって変わります。65歳から受給開始する場合、最大で毎月$1,253.59もらえるそうですが、2022年4月の平均受給額は毎月$727.61だそうです。ちなみにCPPには税金がかかります。

Canada Pension Plan - How much could you receive - Canada.ca

OAS 

そしてOAS(Old Age Security)という年金制度も存在します。こちらは18歳以降、カナダで10年以上暮らしたことがあり、カナダ人またはカナダに合法的に住んでいる65歳以上が対象で、過去に働いていない場合も受給対象になります。(海外での受給も可能な様ですが条件が違う様なので下記のウェブサイトを参考にしてください。)

f:id:mariamaria0510:20220811000602j:image

こちらの表も下記のウェブサイトから引用しましたが、毎月、年齢によって最大$666.83から733.51貰えるそうです。

Old Age Security: How much you could receive - Canada.ca

GIS

もしOASを受給していて年間収入が政府の定める基準を下回る場合GIS(Guaranteed Income Supplement)を受給可能かもしれません。f:id:mariamaria0510:20220810233152j:image

こちらの表は下記のウェブサイトから引用しました。条件によって毎月$599.53から$995.99を受給可能です。

Guaranteed Income Supplement – Overview - Canada.ca

 

以上の3つがカナダ政府からもらうことが年金です。条件によって支給額が変わってくるので少し計算はややこしいです。仮に自分がCPPの平均値である$727.61とOASの$666.83を受給したとして合計$1394.44を毎月受給出来るとした場合、年間$16,733の収入があることになります。政府からの年金が唯一の収入だと仮定して、OASを受給するパートナーとの合計の収入が年間$26,688以下の場合は加えてGISを受給出来ます。パートナーの収入が$9,955($26,688‐$16,733)を越える場合GISを受給出来ない計算ですが、カナダで私より長く働くパートナーの年金の額が私より少ないということはないので私たちカップルの場合GISは受給出来ないでしょう。仮に私がシングルだとすると最大$995.99のGISの受給対象になるので$1394.44に$995.99を足して$2390.43受給出来ます。その場合、年間$28,685.16収入がある計算です。カップルの場合、ダブルインカムとなるので単純計算ですが$16,733を2倍すると、世帯年収$33,466となります。ちなみにまだCPPの税金を考慮していないので手取り額は若干これより少なくなるでしょう。

こちらに加えて勤務している会社の年金プランや自分の貯金と資産で老後の生活をまかなうことになりますが、余裕だと思う人もいれば足りないと思う人もいるでしょう。私の場合、リタイア後の住居費さえ低く抑えることが出来れば基本的な生活費はなんとかなりそうだと思いました。ただ日本に帰省したりなどの出費を考えるとこれでは足りないと思いますし、老後に介護が必要になった場合などはもっとコストがかかると考えられます。やはり年金に頼るだけでは心許ないので、これからも住宅ローンを返済する傍ら少しずつコツコツ貯金していきます。

老後の資金か今を生きるか

f:id:mariamaria0510:20220810010000j:image
最近、ツイッターでカナダに住んでいる方の『年を取ったらお金を使わなくなるので若い時に旅行など経験にお金をどんどん使った方がいい。若い時にお金稼ぐことだけに人生の時間を使わないでね。』というアドバイスを88歳の女性から貰った、というツイートを見かけた。ちょうどその日、私は朝から自分のTFSAやRRSPの口座を眺めつつこれからどういう風に老後資金を積立していくかに思いを巡らしていたのでとてもタイムリーな話題だった。

私は20代の頃はお金を安定して稼ぐより自分のやりたいことをやることに重きを置いていたし、老後資金を貯めるようなタイプではなかった。その上、数年前に日本からカナダにやって来て2年間ほぼ働かずに貯金を切り崩しながらフルタイムの学生をやった。その後、転職して今はECEをしている。前々から承知していることだがECEの業界は他の業界に比べて給料が低めだ。お金をもっと稼ぐことに集中するなら他の業界に行っていたし、それでもこのカナダで得た経験は使ったお金以上に価値があったと思っている。

だけど、パートナーと出会い親になり、日本の父や妹から遠く離れて暮らす今、老後資金の積立とか将来の為にお金を貯めるのは自分にとってとても大事なことである。私は幸い、日本で定年間近の父を養わなくても良い状況にあるし、自分の育ての親であるおばあちゃんも最期まで医療費からヘルパーを雇ったりと身の回りの支払いを自分の年金や資産でまかなっていたのを見ていた。その上入院中でも孫である私達にお小遣いをくれるくらいだった。今はまだ60代で元気な父だが私が50代になる頃にはもう80代である。堅実な彼のことだから自分に必要なお金は貯めてあると思う。だけど私が父の為に頻繁に日本に帰ったり仕事を休んだりしたければまとまったお金が必要だろうし、また自分が80代、90代になって生活に不自由が出てきた時にはパートナーや娘の負担になりたくない。カナダでも政府から補助はあったりするだろうが老人ホームもかなりお金がかかると聞く。そして、それ以前に不動産や家賃が高騰するトロントで引退時に持ち家がない場合は家賃を払い続けることになる。2022年の現在、私が住んでいるビル内での2ベットルームのユニットは$2,700ほどで貸し出されている。自分が引退する頃にはインフレーションで1ベットルームの家賃が$3,000以上でも驚かないだろう。現在の不動産マーケットでは多くの20代、30代のカップルが家を買うのは難しいだろうし、シングルの場合は尚更だ。今引退する世代が若い頃は一軒家の値段がまだ数千万円だった。そして昔、数千万円で買った家を今数億円で売ることだって可能だろう。(ちなみに、私の職場で来年リタイアする上司もつい最近家を3億円くらいで売っていた。)それでも、インターネットで調べて見たところ、カナダにはシニア世代向けのシェアハウスのマッチングサービスがいくつかある様だ。この前見たドキュメンタリーではカナダ人の引退後の男性が取材されていた。彼が10年以上賃貸している1ベットルームのアパートメントの家賃が$1,000程(具体的な数字は忘れてしまった。)なのだが、もし万が一アパートメントのオーナーが彼の住むユニットを売ることになり出ていかないと行けない場合はもう現在の収入では1人でアパートメントを借りるのは無理だろうと話していた。ハウスシェアリングは全然悪いものではないと思う。日本では家族と同居か一人暮らししか経験したことがなかったので未知の世界ではあったが、カナダでは2件のシェアハウスを経験した。バスルームやキッチンを使いたい時に使えなかったりはしたが、一人暮らしの寂しさもなく値段を考えればとても良かったと思う。今だって義兄とコンドをシェアしている。ただ私とパートナーの希望としては将来的に2人だけで住宅ローンを組みコンドを買いたい。しかし現在、ローンと共益費の支払いに毎月$4,000以上の請求が来るので今の私達の経済状況では義兄との同居は必須だ。

『カナダでECEとして就職する。』というのが私の30代前半の大きな目標だった。そのために沢山お金を使った。そのお金を老後資金に回し、日本に留まっていたら私の銀行口座には今もっとお金があっただろうけど後悔は一切していない。でもその上で私の意見は変わらず、老後の資金はできる限りしっかり貯めた方がいい。自分にとって大切なことにはしっかりお金を投資した方が良いが、同時に自分やパートナーが年老いた時にも幸せでいれるよう、そして家族の負担にならないように、また海外に住む私の場合は父や妹に何かあった時に自分の最善を尽くせる様に資産形成を進めておきたい。

『お金がある、ない。お金が順調に貯まっている、貯まっていない。』という感覚はその人の収入や価値観によって本当に違うので一概に議論するのは難しい。もしかしたら、私が精一杯貯めている老後資金の額がとある人からしたら無理なく貯めれる少ない額かもしれない。そして、インフレーションが急速に進み不動産価格が高騰する今のカナダでこれから生活基盤を築いて行く私達と引退済みまたはこれから引退する世代の状況は全く違うのも明らかである。

 

私自身、まだ永住権の申請も開始していない状況でカナダの年金制度までしっかり調べていなかったけど、近々カナダの年金や老後の資金事情についてリサーチして記事を書きます☺️

f:id:mariamaria0510:20220810010021j:image

クッキー・ドウを買ってみました。

一年のオーブンなし生活を経て、やっとベイキング出来る環境になったので最近は色々なベイキング商品を買っています。今日はカナダのスーパーで頻繁に見かけるPillsbury Chocolate Chip Cookie Doughを初めて買ってみました。元々、お菓子作りには苦手意識があるのですが、何故かというとレシピの通り計量したり、小麦粉をふるったり等の面倒くさい作業が苦手だからです。料理と違い、その些細な違いで失敗することもあるのであまりお菓子は作ったことがないのですが、今日は面倒くささ一切なしのクッキー・ドウを買いました。カナダには生でクッキー・ドウを食べる人もいるのでパッケージには"Eat or Bake!"の一言が添えられています。
f:id:mariamaria0510:20220806032006j:image

まずはオーブンを325Fに温めます。クッキー16個分と書いてありましたが包丁で18等分に切り分けました。そして、切り分けた生地をオーブンシートに並べます。クッキー用のトレイが足りないのでケーキ用のトレイも使います。

f:id:mariamaria0510:20220806034105j:image

タイマーを13分に設定してオーブンに放り込みました。13分後、カップケーキのトレイで焼いた分は厚みがあり、生焼け感があったので追加で3分焼きましたがカントリーマームみたいなソフト・クッキーになりました!!

f:id:mariamaria0510:20220806034445j:image

あまり期待はしていなかったのですが意外に美味しかったです。カナダ4年目で甘さに対する感覚がカナダ寄りになって来ているので私は大丈夫でしたが日本の優しい甘さに慣れている方には甘すぎるかも?私は気に入ったのでリピートします😁

Chuck E Cheese'sへ行って来ました。

カナダは今週末はロング・ウィークエンドですがみなさんはどうお過ごしですか?今週末は娘の親友のお誕生日を祝いにChuck E Cheese'sへ行って来ました。Chuck E Cheese'sはトロントの小さい子供達に大人気のゲーム・センターが入っているピザ・レストランで、うちの娘もクラスの子供達もみんなChuck E Cheese'sが大好きです。

f:id:mariamaria0510:20220731070053j:image

今回はノースヨークの店舗に行って来ました。
f:id:mariamaria0510:20220731070115j:image

f:id:mariamaria0510:20220731070231j:image

f:id:mariamaria0510:20220731070603j:image

f:id:mariamaria0510:20220731070620j:image

今日はバースデープランで行ったので子供達は2時間ゲームで遊び放題です。そこにピザやアイスクリーム、ネズミのメインキャラクターが出てくるショータイム、お土産もついてきます。

f:id:mariamaria0510:20220731070533j:image

f:id:mariamaria0510:20220731071521j:image

子供達はみんな大はしゃぎで大満足した様でした。最近は娘のお友達の親御さんとの会話にもちょっと慣れて来た気がします。(元々、スモール・トーク苦手なんです…。)大体は、習いごとやチューターの話、家のリノベーションや仕事の話が多いのですが、数年前まで周りは独身の友達ばかりだったので最近はめっきり人と話す内容が変わったなと思います。(今も、デーティングアプリで出会ったこんな人と遊びに行ったみたいな話を聞くのは大好きですが…!)今は今でめちゃくちゃ幸せですが、昔の女友達との会話が懐かしいと思う今日この頃です。

ちょっと話はズレてしまいましたが、娘の大喜びをする姿を見てお腹いっぱいになりました。また娘と一緒に行こうと思います。

 

 

ココナッツ・ライスを炊きました。

f:id:mariamaria0510:20220730000549j:image

今日はココナッツ・ライスを炊きます!!

カナダに来てから一番苦労したのはこちらで手に入る食材でどうやって節約しつつも美味しいご飯を作るかなのですが、一番苦労したのは美味しいお米を炊くことです。こちらに長期で住む前はどうしても長いお米が口に合わなく食べられませんでした。以前に短期の旅行でこちらに来たときはフードコートのThai Expressで頼んだお米が口に合わなく全く食べられないくらいでした。こちらに住んでから3年半立ちますが自分の舌がこちらの食材に慣れたと同時に、どの食材をどう調理すれば美味しく食べれるかも段々と分かって来ました。こちらに来てから学んだレシピの中でも家で大人気のココナッツ・ライスを今日は作ります。娘もこのライスが大好きでたくさん食べてくれます。お米をココナッツと炊くのは昔住んでいたシェアハウスのルームメイトが教えてくれました。彼女は毎年ジャマイカに行っているレゲエ・ダンサーの子だったのですが、彼女がいつもお米を水とココナッツ・ミルクで炊いていました。そして、トロントにいるコロンビア出身の彼のお母さんがいつもお米をニンニクや玉ねぎと炊いているのを見てこのレシピに辿り着きました。

ちなみに私がいつも買っているバスマティライスはこちらのTildaというブランドです。他のバスマティライスも買ってみましたが今のところこれが一番好きです。

www.walmart.ca

<準備するもの>

バスマティライス 4カップ

ココナッツ・ミルク 1缶 (2カップ)

水 3カップ

玉ねぎ 1個 (半分くらいでも大丈夫です。)

ニンニク 適量 (今回は1/3くらい使いました。)

塩 少々

①まずはお米を洗います。そして、お米をココナッツミルク2カップ、水3カップに浸します。

②玉ねぎとニンニクを刻み、塩を適量入れて炊飯スイッチをオンにします。

f:id:mariamaria0510:20220730004253j:image

日本米や韓国米を炊くときは30分以上お米を浸しますがバスマティを使う時はいつもすぐに炊いてしまいます。あと、子供が玉ねぎとニンニクを食べないので除けれる様に大きめに切って炊きあがった後に大人が食べる分にだけ混ぜます。ココナッツ感はそこまでなくお米の匂いが気にならなくなるので良かったら試してみて下さい😊

 

 

 

コンドに引っ越してきました。

f:id:mariamaria0510:20220713060913j:image
先日遂にコンドの購入が成立し、引っ越してきました。

新居探しをスタートしました① - カナダで幼児教育

新居探しをスタートしました② - カナダで幼児教育

新居探しをスタートしました③ - カナダで幼児教育

新居探しをスタートしました④ - 遂にコンドのオファーが通りました!! - カナダで幼児教育

コンドのオファーが承認されてからは、急に住宅ローンを組む銀行を変更しなければならなかったり、銀行や投資口座の残高証明などの書類を度重なり追加で提出しなければいけなかったりと、山あり谷ありの道のりでローラーコースターに乗っているような気分でした。以前に住んでいたベースメントは既に5月に解約済みだったので、急に住む場所がなくなったらどうしよう等常にハラハラしっぱなしでしたが、遂にここまで来たという感じです!!

ちなみに私達は変動金利でローンを組んでいます。現在カナダ政府はインフレーション対策で住宅ローンの金利を徐々に上げて行っているので、ホームオーナーの支払いが毎月増えてきています。なので今後段々と支出が増えることに備え彼と貯金を進めつつ、収入を増やそうと計画しています。義兄との不動産の共同購入は価値観の違いなどから思っていたより色々考えることが多く、ストレスを感じることもあります。ですが、将来的には彼と二人で経済的に自立することを目標にこの先数年乗り切りたいと思います。

近頃は物価が急騰するトロントですがこれからも倹約生活で乗りきって行きます😃✊

 

近況報告 - 夏休みが始まりました。

f:id:mariamaria0510:20220702095534j:image
皆さんお久しぶりです。昨日、今学期最後の出勤を終えて2ヶ月の夏休みに入りました。昨日は親御さんが子供のお迎え時に教室内まで来てメッセージカードを下さったり、子供達の家族の方々と普段以上にたくさんお話することが出来ました。『うちの子供はあなたのクラスで毎日、歓迎され愛されていると感じながら過ごすことが出来ました。』と言ってくれた親御さんがいて、1年間このクラスの子供達と関わる事が出来て良かったと思った瞬間でした。来年も一人一人の子供たちと良い関係を築き、それぞれの子供が自分の居場所はここだと感じることが出来るクラスルーム作りを目指して行きたいです。また、学校の先生方や保護者の方々とより密に連携し、子供達をサポートしていく事に力を入れて行こうと思います。

今日はカナダの建国記念の祝日で昨日の仕事の疲れもあり1日家で寝ていました。これから2ヶ月の夏休みに入りますが、今月は引っ越しを控えているので、前半はパッキングや掃除の日々になりそうです。去年カレッジを卒業して就職、最近は仕事にも慣れて生活が安定してきたばかりですが、今が自分の人生の転換期かなと感じています。数年前までまだ若干ふわふわしている部分がありましたが最近一気に落ち着いた気がします。(世間ではこれを老けたと言うのかしら…?)服装も20代の頃に比べるとかなり落ち着いて、遊び方や興味があること、人生の優先順位もガラッと変わりました。肌質も体型も変わって来たので、20代の頃の服装が似合わなくなって来たのもあります…。彼の方も4年前に出会った時はシュッとしていたのですが、その頃に比べてなんと20キロ近く体重が増えたそうです…。昔はこうやって地味に落ち着いて行くのが怖いと思っていた時期もあったのですが、今となっては肩の力が抜けた分生きやすくなった感じがします。最近は40代になる時どうなっていたいかもよく考えますが、良い歳の重ね方をしていきたいものです。まだまだカナダでのキャリアも発展途上なのでまた大学に戻ろうか等色々考える事はありますが、来年に永住権申請が終わってからかなと思っています。

とりあえず新しいお家に引っ越しが終わり次第、彼との結婚の手続きや永住権申請の準備を進めて行こうと思っています。カナダと日本の両方で籍を入れようと思っているのですが、どういう手順で進めればいいのか等まだ全く調べていないので未知の世界です。また手続きを開始次第、ブログで共有していこうと思います。

それでは皆さんもトロントの短い夏を楽しんで下さいね!!